活動報告ブログ一覧

2017.12.11

H29.12.10 洛陽十二支妙見めぐり②(巳・午・未・申)

 2017.12.10 洛陽十二支妙見めぐり② (巳-午-未-申) 天気 晴れ 240名

シリーズものの洛陽十二支妙見巡りの第二弾として、未・未の方の妙見さん(法華寺)、申・島原の妙見さん(慈雲寺)、巳・清水の鎮宅妙見宮(日體寺)、午・伏見筋の妙見さん(本教寺)をめぐりました。健脚コースということで、朝9時に梅小路公園に集合。参加者の出足が鈍く心配しましたが、240名のウオーカーが集まりました。内、御朱印を収集される方(14名)は、別動隊として分かれて出発しました。壬生川通りを北へ進み、花屋町通りを左折して、島原大門を潜って法華寺、慈雲寺をめぐって五条通りを東進。五条堀川で歩道橋を超え、油小路を北進し、万寿寺通りを東へ進んで、有隣公園で列詰めトイレ休憩をとりました。松原通りを東へたどり、日體寺を参拝後、東大路通りを南下、JR東福寺駅手前を左折し、線路を右に見て南下、観光客で混雑する伏見稲荷境内を抜け、疏水沿いに南下して、藤森駅横のローズマンション藤森広場で昼食トイレ休憩をとりました。結構風は冷たくて歩いている時は少し汗ばみ、立ち留まると寒く感じましたが、歩きやすい気候でした。
 昼食後はさらに南下し、馬の社・藤森神社の境内で列詰め休憩を取った後、伏見区役所、南部公園を経て、本教寺に参拝し、伏見桃山商店街を東進後、JR桃山駅に無事ゴールしました。気候も良く、気持ちよく歩けたウオークでした。

快晴の空の下で、出発式

出発前のストレッチ

正面橋を渡る

松原通の日體寺に参る

伏見稲荷大社を出発

疏水に沿って歩く

冷え切った体を温めるため、昼食後ストレッチを

本教寺に参拝

2017.12.04

H29.12.02 歩育「朝日新聞見学ウオーク」

 2017.12.02 歩育「朝日新聞見学ウオーク」 晴れ 参加人数 22名
JR桃山駅近くのマンションの公園「松平筑前公園」で出発式の後、「御香水」の御香宮神社前を通って、近鉄桃山御陵駅沿過ぎ、京阪伏見桃山駅手前を左折して京阪の踏切を渡り、伏見の街並みに。料理屋鳥せいの傍にある、伏見名水の「白菊水」前を通り、「伏水」のある月桂冠大倉記念館前から、「閼伽水」のある長建寺に到着しました。伏見の濠沿いに進み、蓬莱橋でトイレ休憩をしました。その後、南に進み、京阪・中書島駅から、踏切を渡り伏見港公園で早めの昼食休憩としました。12時10分からの朝日新聞京都工場見学に備えて、11時20分ごろ集合して出発。濠川に沿って歩き、京阪のガードをくぐって最初の橋のところで堤防に上がり西に進みました。高速道路の下の交差点を渡り、目的の「朝日新聞京都工場」に着きました。玄関前で記念写真を撮り、2階の読者ホールで、DVDによる新聞の映像を楽しみ、その後2班に別れて工場内を見学しました。完全にロボット化された工場内の倉庫や高速で回る印刷現場を興味深く見学し、最後に、刷りたての今日の夕刊や、見学前に撮った写真が印刷された見学記念新聞を頂いて、工場を後にしました。工場を出て、京阪・中書島駅まで歩いて解散となりました。

出発式

酒蔵前を行く

長建寺の「閼伽水」

伏見港公園で早めの昼食

銀杏の黄色い絨毯が綺麗

濠川に沿って進む

朝日新聞京都工場の玄関で記念写真

読者ホールで

頂いた見学記念新聞

2017.12.04

H29.11.30 秋の基地W 鷹峯・光悦村を訪ねて(ゴトウスポーツ)

 2017.11.30 秋の基地ウオーク「鷹峯・光悦村を訪ねて」 晴れ時々曇り 参加者数 174名
JR二条駅前に、多くのウオーカーが集まりました。出発式の後、JR嵯峨野線のガードに沿って進み、円町から西大路通りを北に向かって歩き、平野神社で列詰めトイレ休憩をとりました。金閣寺前から、左大文字山の錦の紅葉を眺めながら紙屋川に沿って鏡石通を進み、三条天皇陵を経てリゾート施設「しょうざん」の前を通り過ぎて、隠れ紅葉スポットの吟松寺で語り部の話を聞きました。さらに先に進んで、途中急な山道を登ると光悦村に着きました。もみじのわずかに残る光悦寺や源光庵の前を過ぎ、鷹峯の交差点から千本通りを下り、お土居を右に見ながら進んで、昼食場所の鷹峯児童公園に着きました。昼食の時間中、今年の春、秋の基地ウオーク七回の内、6回に完歩された方に、記念品の贈呈がありました。午後の出発前に、ふたたび語り部による、鷹峯、光悦村に関する話や、本阿弥光悦と宮本武蔵のであいなど、興味深いお話もありました。出発後は千本通りを下り、佛教大学前から今宮通りを進み、今宮神社前を通過してすぐを右折して、大徳寺に入りました。大徳寺を通り抜けて、堀川紫明の交差点から、扇町公園に入り休憩。油小路通りに進み、光悦京屋敷跡碑を過ぎて、楽美術館前を通り下立売通を東に折れ、烏丸通りを渡って、下立売御門から京都御苑に入り、九条家の南側の道を東に進み、富小路口で列詰めした後、ゴトウスポーツにゴールしました。最後の紅葉が楽しめたウオークでした。

JR二条駅前で出発式

ストレッチ体操をして

元気に出発

平野神社に参りました

錦に彩られた左大文字山を眺めながら

紅葉の鏡石通を進む

紅葉の隠れスポット「吟松寺」で語り部のお話を聞く

光悦村への山道を登る

もみじの絨毯の光悦寺

鷹峯交差点の紅葉

鷹峯児童公園で昼食

基地ウオーク6回以上参加者に記念品

午後出発前に、語り部の話を聞く

大徳寺への道の紅葉

京都御苑の紅葉

ゴトウスポーツ前にゴール

2017.12.04

H29.11.23 あすKYOフェスタ 元気ウオーク

 2017.11.23あすKYOフェスタ 元気ウオーク 天気 晴、参加者数 86名

快晴の1123日、京都府立植物園で、きょうと地域創生府民会議主催の「あすのKyoto・地域創生フェスタ」が開催されました。その一環として、京都駅から植物園の10㌔を歩く、元気ウオークが開催され、多くのウオーカーが京都駅前に集まりました。出発式、ストレッチの後、元気よく出発しました。七条通りを右折し河原町通りを北に進み、五条通りから、五条児童公園で、列詰トイレ休憩をしました。その後、木屋町通りを通り、二条通りで右折し、二条大橋西詰で鴨川河川敷に降りました。その後、ひたすら河川敷を黙々と歩き、北大路橋を渡って、落ち葉の絨毯模様の道を進み無事、無料開放されている京都府立植物園にゴールしました。会場では多くの法人による木工教室、紙飛行機・生演奏等のブースがあり大勢の家族が楽しんでおられました。ステージでは、バトントワリング・吹奏楽演奏もあり、楽しいひとときをすごしていました。京都府ウオーキング協会のブース前で、臨時ウオーキング教室が開催され、正しい歩き方、正しい靴の履き方の講習があり、皆さんウオーキングの新たな楽しみ方を体得され、笑顔で帰って行かれました。

出発式風景

ストレッチ体操をして出発

木屋町通りを進む

二条大橋から鴨川河川敷に下りる

北大路橋を渡って

植物園手前の道を進み

今日は無料公開の植物園に到着

ゆるキャラがお出迎え

KWA指導者会スタッフによるウオーキング教室

綺麗な虹が

2017.11.27

H29.11.24 特別基地 東山もみじウオーク

 2017.11.24 特別基地 東山もみじウオーク 晴れ 参加人数 214名
寒い風は吹き抜ける五条児童公園で出発式の後スタートして、五条大橋を渡り鴨川河川敷に降りて、北に向かいました。土手の上の紅葉が真っ赤になっていました。途中、後ろから来た自転車の女性から、「もっと、右によって!」とクレームをもらいました。「ウオーキングマナー5ケ条」に、「ひろがるな 参加者だけの道じゃない」と書いてあります。注意しましょう。御池大橋を過ぎたところから上に上がり、仁王門通りを東に向かいました。平安神宮の大鳥居をくぐって、岡崎公園で昼食となりました。昼食の間、風が吹いて葉っぱを舞い上げているのが綺麗でした。
午後は、真っ赤な紅葉の映える南禅寺を通り、永観堂前の雑踏をかき分けて、若王子神社から、哲学の道を進みましたが、こちらは桜の葉っぱはすっかり散って寂しい限りでした。途中、右に折れて霊鑑寺前から左折して、紅葉スポットの安楽寺の前を通り、法然院に入りました。境内の紅葉も程よく色づいていました。法然院を通り抜けて、銀閣寺まで来ると、突然沸いたように人が多くなってきました。トイレ前で列詰め休憩をして、白川疏水をたどり、志賀越え道を左に進み、吉田神社前から今出川通りを西に進み、百万遍の交差点を渡り、さらに進んで河原町通りを過ぎて、同志社大学の前で解散となりました。東山界隈の晩秋の紅葉を満喫したウオークでした。

五条児童公園で出発式

五条大橋を渡ります

鴨川河川敷を一列になって進むのですが・・・

遊歩道の紅葉

岡崎公園で昼食

岡崎公園のもみじ

南禅寺の三門前

永観堂前は大混雑

安楽寺の紅葉を観ながら

法然院に入ります

銀閣寺前

子安観世音の横を

  1 / 49  次のページへ

最終更新日:2017/07/05

発足:2007/01/01)

年間スケジュール

活動報告ブログ

協会のご案内

NPO法人 京都府ウオーキング協会

  • TEL:075-353-6464
  • FAX:075-352-4600

メールはこちらへ

著作権について

特記無きコンテンツの著作権は、NPO法人 京都府ウオーキング協会に属します。

検索

ページの先頭へ