活動報告ブログ

2020.02.01

R02(2020).02.01 おたべ工場と京都市市民防災センター

 R02(2020).02.01  おたべ工場と京都市市民防災センター  曇り 参加人数 52名

 災害続きの昨今事情を反映してか、「防災センターの見学・体験」ウオークには、あっという間に募集枠を超す申し込みを頂きました。

 JR京都駅を出発し、東寺を経て、防災センターに隣接する「おたべ京都本社工場」を訪ねました。おたべ㈱は、生八ツ橋の生みの親で、京バウムも生み出し、お土産京銘菓のトップを占めています。更に高級化とブランド化に力を注いでおり、店舗もすっかりモダンになっていました。出来立ての生八ツ橋と、工場で使用している瓜割りの水ボトルを頂きました。

 防災センターに移動し、昼食休憩。午後は、3班に分かれ様々な防災体験に挑戦しました。「強風」「地震」「室内煙」のリアルな体験や、「地下街水没」「アンダーパス水没」体験はAVを駆使したバーチャルな体験でした。特にリアル体験では、いざとなると足がすくむ恐ろしさでした。今回の体験を経て少しは恐怖の壁が下がった気がしました。防災体験センターの重要性を肌で感じました。

 JR京都駅に戻り、有意義な例会を閉じました。   

   

JR京都駅で出発式

東寺を訪ねる

防災センターを借用して、昼食休憩

防災センターの活動説明や、体験の手順を確認

強風体験の説明

体験を踏まえて、実生活へのヒントを頂く

最終更新日:2019/07/10

発足:2007/01/01)

年間スケジュール

活動報告ブログ

協会のご案内

NPO法人 京都府ウオーキング協会

  • TEL:075-353-6464
  • FAX:075-352-4600

メールはこちらへ

著作権について

特記無きコンテンツの著作権は、NPO法人 京都府ウオーキング協会に属します。

検索

ページの先頭へ