活動報告ブログ

2021.11.09

R03.11.07 旧京都中央電話局遺構めぐり

 2021.11.07 旧京都中央電話局遺構めぐり 天気 雨のち晴れ 参加者数 199名 

 秋晴れの肌寒い11月の最初の日曜日、明治35年の京都郵便電信局である旧京都中央電話局レトロ感あふれる遺構をめぐりました。JR・京都駅を出発して五条公園で休憩。KWAスタッフによる、久しぶりのストレッチ体操をして、体をほぐした後、木屋町通りから松原橋を渡って鴨川河川敷を黙々と北上しました。丸太町大橋を渡り、現在はスーパーフレスコとなっている旧京都中央電話局上分局遺構の古びたレンガを眺め、古い歴史を感じて京都御苑に到着。まだ、お昼には早いので一休みした後、中立売通りを進み、西陣分局に到着しました。外壁に、踊り子、獅子等のレリーフを楽しみにしていましたが、残念ながら、改修工事中で、周りを白いシートに覆われて実物は見られませんでした。代わりにKWAスタッフが提示した写真で、遺構を観ることが出来ました。その後、堀川遊歩道を南に進み、烏丸御池を下がり旧京都中央電話局の建物がリノベーションされ、1階を商業施設、2階及び3階はホテルの客室になった旧京都中央電話局(新風館)に。建物の外観はそのままに残り、新旧の入り混じった遺構を楽しみました。最後に現在も、現役中京郵便局として営業されている外壁のレンガが美しい旧京都郵便局を訪れ。建物の中に入ると壁面博物館となっており、壁面に、約120年前の様子がわかる写真が展示されており、京都の違った分野での偉大な歴史を垣間見ることが出来ました。ゴールの御射山公園に到着し、KWAの若きスタッフ「ラジねえ」の掛け声で、クールダウンで今日一日の疲れを取って、帰路に着きました。

五条公園で、久しぶりにストレッチ体操

鴨川河川敷を進む

旧京都中央電話局上局

京都御苑中立売休憩所前で一休み

旧京都中央電話局西陣分局はシートに覆われて見られず。

スタッフがパネルで工事前の姿を説明

旧京都中央電話局(新風館)

旧京都郵便電信局(現中京郵便局)

旧京都郵便電信局内の壁面博物館の展示を観る

ゴールの御射山公園でクールダウン

最終更新日:2020/06/22

発足:2007/01/01

年間スケジュール

活動報告ブログ

協会のご案内

NPO法人 京都府ウオーキング協会

  • TEL:075-353-6464
  • FAX:075-352-4600

メールはこちらへ

著作権について

特記無きコンテンツの著作権は、NPO法人 京都府ウオーキング協会に属します。

検索

ページの先頭へ